佐賀弁辞典

あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行

さくず

米ぬか

さしあう

ぶつかる

さす

咲く

さっ

(尊敬や親愛の情を示す補助動詞)

さっこもっこゆー

自分に都合のいい意見を主張して譲らないこと

ざっとなか

容易でない、簡単にはいかない

さなぼり

田植えの「仕舞い祝」。「さなぼい」とも言う。

さばくっ

仕事がはかどる

さびくー

錆びる

ざまなか

見苦しい

さるく

(目的なく)歩き回る

さんくらがえっ

ころりとひっくりかえる

しーか

すいか

しーか

すっぱい(“し”にアクセント)

しーくちなわ

青大将

しーとっ

好きだ

しーもん

吸い物

しーやけどい

飽きっぽい人

しぇーんぺー

煎餅

しぇんしぇー

先生

しおはいか

少しばかり塩気が多いこと

しかくっ

し始める

しかつか

乱雑で整理されていない

しかともなか

大した事もない,どうと言う事もない,つまらない

しかぶっ

おもらしする

じかまけ

じんましん

じき

すぐに

しぎーのする

長い時間の正座や頬杖で、足や手が痺れている状態。

しくっ

人前に出ると萎縮する

〜しこ

〜だけ

じご

はらわた、臓物

しこむ

米をとぐ

したか

したい

しっかかゆっ

手一杯である

しっからぐっ

手に余ってその場を逃げ出すこと

しっがるかっ

嫌がらずによく働くこと

しっちょんちょん

頚椎

じっとばらかく

意固地になる

じっぱか

立派、きれいだ

しっぺた

お尻

してみゅー

してみよう

してむっ

してみる

しまつか

倹約家である

しまゆっ

駄目になる、終わる

しみゃー

終わり

しめし

おしめ。オムツ。

しゃー

おかず

じゃーく

大工

しゃーびゃー

差し出口

しゃーびゃーすっ

差し出口をきく

しゃいでんなか

たやすい、あっという間

じゃーた

出した

しゃてー

しゃれぼー

おしゃれな人

しゃるっ

おしゃれをする、めかしこむ

しゅー

しよう

しゅーぎ

結婚式、結婚披露宴

しゅーごとなか

したくない

しゅうっ

吸う、しゃぶる

じゅうっ

さばく

じゅーつくっ

縮む

じゅーとなっ

縮こまる

しゅっ

しょてから

当初から

しるっ

見える

しれん

見えない

しわがるっ

しなびる

〜しんしゃい

〜しなさい
主に女性が使う表現で、目下のものや子供を相手にしたときに使われる。

しんのす

尻の穴

すいとっ

好きだ

すーすすっ

冷たい風が吹きこんで寒いこと

ずーんずんすっ

ぞくぞくする、寒気がする

すかーすかすっ

隙間があること

すがい

すかってすっ

気分がすっきりする

すかばれ

むくみ

すかばるっ

むくむ

すかん

嫌い

すく

敷く、轢く

すずるっ

溢れる

すそご

末っ子

すたぼー

放蕩者

ずっ

出る

すったんたぎーすっ

沸騰する

すったんび

する度

すでぶい

手ぶら

ずな

すびやか

肌寒い

ズポン

ズボン

すらごと

ずんだるっ

ずり下がる

せかっ

(戸などが)閉まる

せからしか

うるさい、めんどくさい、複雑、しつこい、うざったい

せく

(戸などを)閉める、(腹が)じくじく痛むこと

せじゃーこて

しなければなるまい

せじーにゃ

しなければならない

せっか

牡蠣

せっきっ

境界を設ける、堰きとめる

せつなか

狭っ苦しい

せばか

狭い

せんじゃー

畑作

せんじゃーもん

畑作物

ぜんほどき

金もうけ

そい

それ

そいぎ・そいぎんた

それでは

ぞーぐいすっ

(じゃれて)暴れる

ぞーぐり

ふざけて暴れること

ぞーたん

冗談

そーだんすっ

無心する、お願いする

ぞーたんのごと

冗談じゃない、とんでもない

そーつく

歩き回る

そーらんばち

巻き添え

そーらんばちあう

巻き添えをくう

そがん

そのような、そのように

そくしゃーか

憎らしい、いまいましい

そくと

すぐに

そこんにき

その辺

そざす

(物を)傷める

そずっ

(物が)傷む

そびきだす

無理やり引っ張り出す

ぞろい

ぞろぞろと,いっぺんに,いっせいに

ぞろいすっ

元の形がわからなくなるほど粉々に崩れ、壊れること

ぞろびく

引き摺る